Eternal Alice

有名貴族に生まれた少女、レイシーはもうすぐ15歳。
誕生会と、正式に当主後継者となる儀式を控えていた。
あの日、全てが狂ってしまうとも知らずに――――。




「君をいつか殺してあげる。だからそれまで待っててね?」

狂った道化師が笑う時、少女は命を狙われる。

「お前は黙ってろ。素人が動くと邪魔になる」

口悪ウサギと出逢う時、少女は小さな希望を灯す。

出口がない迷路の先にあるものは、狂気か、死か、それとも希望か――。
永遠のお茶会が始まる。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ