Thanks a lot

□フライング
1ページ/2ページ

「そういえば、お前に渡す物があった」

そう言ってアイズのポケットから出てきたのは、綺麗にラッピングされた小さな包みだった。

「何?これ」
「クリスマスプレゼントだ」

予想外の言葉に、出しかけた手が止まる。
いくらなんでも、クリスマスには気が早いだろう。

「まだ、早いよね?」
「当日は仕事だからな」
「…あぁ、そっかぁ」

がっかりした気持ちが声に出てしまい、慌てて笑顔を貼り付けて包みを受け取る。
アイズが悪い訳じゃないのだ。
包装紙を破かないように、開けることだけに集中した。

「わ、可愛い!ありがとう!」

中から顔を出したのは、少し大人びた腕時計。
勢いよく顔を上げると、彼が蒼い瞳を細めていた。
実は今まで、時計をする習慣はなかったのだけど、これからは付ける事にしよう。
そう考えて包みを元に戻していると、アイズが再びポケットに手を入れた。

「それを付けて来ると良い」
「…どこに?」

手渡されたのは、封筒に入った1枚のチケット。
タイトルはクリスマスピアノコンサート。
…そういうコトか。

「仕事ってコレ、だね?」
「あぁ。だが、お前がいれば、お前の為に弾けるからな」
「真面目に仕事しなよ」

私の言葉に薄く笑うと、何気なく袖を捲って手首を見る。
…いつもは彼も、時計なんてしていなかったと思うんだけど。

「アイズ。もしかしてこの時計、お揃いだったりする?」

そっと尋ねると、呆れたような顔をされた。

「気付くのが遅いぞ」
「だって!まさかと思うじゃない!」

そういうのには、興味ないとばっかり思ってた。
嬉しくて顔が緩んできた私から視線を外して、何でもない事のように、さらっと言う。

「同じ時計をすることは、同じ時間を共有することを表すと聞いたからな」

そんなクサいこと、どこで聞いてくるのやら。
彼の一言一言が、やたらくすぐったくて、笑いながら首をすくめた。

なら私は、この時計を肌身離さず付けていよう。
そう、こっそりと胸に誓いながら。



〜メリクリ♪〜



―――Fin.Thank you for Reading!!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ