Thanks a lot

□年越しコール
1ページ/2ページ

大晦日の夜、間もなく年も明けようかという時間に携帯が鳴った。
着信元を見て、新年おめでとうコールかと思ったけど、それには少しフライングだ。

「はいはい」
『あ、えと、ミズシロです』

そんなコトはわかっている。
公衆から掛けてくるのも、鳴海くんちの電話から掛けてくるのも、私には彼しかいない。

「なーに?まだ年、明けてないよ?」
『そらそうやろ。俺の時計かて、そこまで狂ってへんで』
「あら、それは失礼。じゃあ何か用だった?」
『用、はないんやけど…今年も1年、ありがとう』
「え?あぁ、こちらこそ」
『へへ、2006年の締めくくりをちゃんとしとかんと、って思ってな』
「あはは、律儀だねぇ」
『当たり前やんか。お、カウントダウンや!』
「あ、ホントだ」

リビングから、テレビのカウントダウンが聞こえた。
声を合わせて、数字を数える。















『明けましておめでとう!』
「おめでとうございます。…ふふ」
『何やの、気持ち悪い』
「失礼な。ただね、今年もいい年になりそうだなって思って」
『何、最初に聞いたんが俺の声やったから?』

少し意地悪な口調で、でも声には嬉しそうな響きが溢れていて。
素直なヤツだな、まったく。

『なーに、ニヤけとんねん』
「ニヤけてませんー」
『いーや、ニヤけてんで、絶対。目に浮かぶんやもん』

やたら自信に溢れた言い方をする。
きっと受話器の向こうで、胸でも張っているのだろう。

「私も今、火澄が胸張ってるトコが浮かんだよ…」
『ははっ、そしたら8時にまた、いつもんトコな』
「朝の8時?また早いね」
『何言うてんの、初詣には遅いくらいやで?』
「あぁ、そっか。じゃあ、それに備えて寝よっかな」
『うん、おやすみ』
「おやすみー」

一瞬の年越し。
ひとときの幸せ。

毎年繰り返されてきた何気ないことですら、君となら特別な時間になるから。
今年もよろしくね。


〜あけおめ!〜



―――Fin.Thank you for Reading!!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ