Thanks a lot

□酒台詞
1ページ/9ページ

深山木薬店のカウンター。
お客さんが帰るのを待っていた私に、接客を終えた座木がお茶を用意してくれている。

「ねぇ、座木ー」
「何?」

呼び掛けてはみたものの、続く言葉を考えていなかった。
はて、どう言ったら良いものか。

「どうかし「やっぱり、敬語使ってくれて良いよ」

台詞がカブった。
簡易キッチンで座木が、きょとん、としているのが気配でわかる。

「…それはまた、どうして?」

まだ、敬語ではない。

「待ってる間、秋くんと話してたんだけどさ。敬語を止めたら、なくなっちゃったんだもん」
「なくしたって、何を?」
「アルコールワード」

ぽそ、と呟いたら座木が絶句した。
気持ちが挫けないうちに、言葉を続ける。

「アルコールワードってのは、敬語に付随するものなんだったら、たまには敬語で話してくれて構わないよ」
「…それは、つまり?」

珍しく、彼が困惑している。
お茶の良い匂いがしてくるのを感じて、座木が出てくる前に、一息で言ってやろうと思った。

「私にも言って欲しいです、アルコールワード!ダメでしょうか!」


――がちゃっ


「わ!」
「え、ちょっと大丈夫!?」

派手な音がして、キッチンに駆け込むと、座木が焦って零したらしいお湯を拭いていた。

「あぁ、大丈夫だから。危ないよ」
「良いって。座木、平気だった?」

幸いにも、座木自身は全く濡れておらず、ほっと力が抜ける。
お湯をたっぷり吸った布巾を絞りながら、座木が目を合わせずに口を開いた。

「えっと、そもそもアレは敬語に付随しているとか、そういう訳じゃなくて…私自身も意識して喋ってるんじゃないから…えーっと…」

物凄く、困っている。
それがあんまり珍しくて、何だかちょっと可愛いものだから、私はじっと座木の言葉を聴いていた。

「意識的には、あんまり言えないんだ。その、ごめんね?」

…つまり、天然ってコトか。

「謝ることじゃないよ」
「ありがとう。でも、折角ちゃんと話してくれたのに、それに沿えなかったから」
「うん。だから、敬語はこれからもナシね」
「いいの?」
「だって、座木が敬語使わないのって、今のトコ私とリベザルに対してだけでしょ?」

不思議そうに頷く彼に、えへへ、と笑ってみせる。

「それって、私たちが特別ってコトみたいで、嬉しいんだよね」

照れ隠しに、座木の腕を何度か叩いた。
まじまじと私の顔を見つめていた彼が、ふいに極上の笑みを見せる。


「みたい、じゃなくて、特別なんですよ」


「…え」

思わず、全身の動きが止まる。

「わ、わ。どうしよ」
「?何が?」

ぽかん、とした座木の腕を、ぎゅっと掴む。

「アルコールワード、体験しちゃったっ」

言ってしまってから、慌てて口をふさいで、彼の顔を仰ぎ見る。
座木は、困ったように眉を下げていたけれど、どこか楽しそうに笑っていた。


―――Fin.Thank you for Reading!!
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ