memo..

□あなたのにおいがする
1ページ/1ページ






朝は、きらいだ。





「ヒロさん、行って来ます」

俺を起こさないように、野分は声を低くして言う。

本当は起きてる。

でも寝ている振りをする。

行ってらっしゃい、ってその一言で野分が喜ぶことを知っている。

でも、言わない。





まだ6時じゃないか

次は、いつ帰る?





本音も隠す。

それを言っても野分はきっと怒らない。

ちょっと困ったように、あの笑顔で笑うんだろう。

そんなの嫌だ。

勝手なプライドだけれど。



「ヒロさん、大好きです」



行って来ます、の後にいつも言われる言葉。



俺は、大嫌いだ。



いつも野分を奪う朝が。




ばたりと閉まるドアの音を、ぼんやりとした頭で聞いた。





朝は、きらいだ。





隣の熱が冷えていく感覚がする。

1人で寝るには少し大きなベッドで、体を縮める。







あなたのおいがする







俺が起きるまで、この匂いは消えないで






.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ