memo..

□薬指の称号
1ページ/1ページ







「ヒロさん結婚しましょう」




そう言うと、ヒロさんはちょっと目を見開いて驚いた後、へらりと笑った。

何でそんなことを言ったか分からない。

俺も酔っていたし、多分ヒロさんも相当酔っていた。

だから、ヒロさんに言われた言葉に面食らってしまった。

「いつ式挙げる?」

楽しそうに言うヒロさんを、俺はたまらず後ろから抱き込んだ。

「もうちょっとで休みが取れるんでその日にでも」

「じゃあいっそのことアメリカとか行くか」

「そのままハネムーンとか」

「俺英語しゃべれねえ。でもお前が話せるか」

「任せて下さい」

「ミッキーに会いたい」

「ディズニー行きますか?」

戯れに指を絡めて、延々とそんな話をした。

こんなヒロさん、普段なら有り得ない。

明日になったら忘れているかもしれない。

それでも、楽しい。




「…ヒロさん結婚して下さい」

「それさっき聞いた」

「好きです」

「それは聞いてねえ」

声を上げて笑うヒロさんを、ぎゅっと抱きしめる。




結婚できたらいいのに。

この人は俺のものだっていう、確固たる証が欲しい。




そんなことを思っていたら、ぐるりとヒロさんが振り返った。

「じゃあ、はい」

「え?」

左手を差し出されて、俺は困惑した。

「そんなに言うなら、証」

どうやら声に出して言っていたらしい。









「………ヒロさん、愛してます」









薬指の







落とした唇が、誓いの証。





.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ