けいおん?〜今の自分にできること〜

□自己紹介
1ページ/3ページ

澪「律めぇ…」


ここは桜ヶ丘高校二年一組。


今日からの澪のクラスである。



しかしながら早速不満がある様子だ。


澪「ムギに勉強教えてもらえるからって手のひら返して……あれでも親友か!!」


それに向き合う眼鏡の女の子。


和「…澪ってこんなに大きな声が出せるのね。」

澪「あ、ご、ごめん…。」

和の驚きを目覚ましに我に返る澪。


和「いえ、そんなつもりで言ったんじゃないのよ。ただ澪って大人しい印象があったから意外だったの。」


澪「…そう?ていうかそんなに大きかったかな?声…。」


和「えぇ。でもいいじゃない。大声で親友って呼べる相手がいて。」


澪「え?…いや、な?アイツはそういうのじゃなくて…その……長いからな!付き合いが!」


赤面して澪は言う。


和「その反応は何か違う気がするわ。」


澪「でも和にも唯がいるじゃない。」


和「唯ねぇ。あの子はどちらかというと…」



「……だから何故あのような者を野放しにしていたのです!?」


クラス中「!?」


廊下から聞こえた怒声に一気に静まり返るクラス。


「お言葉ですが!……奴は無免許な上、人をひきかけたんですよ!?なのに退学などて済ますなんて甘すぎます!!あの場に俺がいなかったら彼女は…!」


先生「(しーッ!他に聞こえるじゃないか)…いや、だからこれはあくまで学校内の問題であって…」


「いえ、法的な問題です。」


先生「(いい加減にしろ!)とにかくその話はこれで終わりで他言無用だ。いいね?」


「…それは……命令でありますか?」


先生「……そう捉えて構わん。」


「くっ!………イエッサァ!」




ガラガラガラ…


先生「おはよう。今日からこのクラスの担任をする笠松だ。新学期早々で残念な話なんだが、隣のクラスの嵐山…今日をもって退学になった。喫煙が見つかってな。君たちもタバコなんか吸っちゃいかんぞ?」


クラス中「(うわぁ……黒…)」



笠松「次に転校生を紹介する。」



クラス中「(うわぁ……気まず…)」●●
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ