けいおん?〜今の自分にできること〜

□長かった一日
1ページ/9ページ

嵐山一味を一蹴した利吉は、
腰が抜けたままになっている澪に手を差し伸べた。



利吉「立てるか?」


澪「う、うん。」



少し恥ずかしそうにためらったが澪は利吉の手をとった。

利吉の手はベースの弦で硬質化した澪の指より硬く、
お世辞にも触り心地は良くなかった。

しかし



澪(大きい手……温かい。)



温もりがあった。

その温もりに勇気を貰ったのか、
抜けていた腰も元気を取り戻した。



澪を立ち上がらせると、
利吉は嵐山を見た。



利吉「おい、嵐山。」



嵐山「はい!……何でしょう?」



利吉「これで二度目。三度目はない。覚えておけ。」


利吉は眼光鋭く嵐山を睨みつけた。


嵐山「ヒッ!?あわわわわ…………ブクブク」


当然嵐山がその迫力に堪えられる訳もなく、
泡を吹いて失神した。



利吉「さぁ、残業も終わった。出ようか。」



澪「うん。(けいおん部はこんな奴を敵に回しかけたのか……)」



澪は改めて利吉の恐ろしさ(面倒さ)を実感し、
廃倉庫を後にした。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ