名探偵コナン

□第4話
1ページ/2ページ

 安室透こと降谷零は、隣の机でパソコンをダルそうに操る同僚をちらりと見て潜入捜査先のポアロで出会った女の子・行平真珠を思い出していた。

「(そういや、こいつも【行平】だったな・・・。それに総合情報分析室・通称ゼロナナにも2人いたっけ・・・)行平?」

「あ・・・?」

「相変わらず眠そうだな・・・」

「お前もな・・・。組織
は?」

 呼びかけると、同僚の行平真人は欠伸を噛み殺して、降谷を見てパソコンに目を戻す。

「ぼちぼち・・・」

「じゃ、暇?」

「まぁな・・・。それより、お前に妹いたか?」

「今更?探り屋のお前なら調べてるだろ?・・・・少し休憩しよーぜ」

「あ、あぁ・・・」

 2人は、席を立ちゼロを離れた・・・。
次へ
前の章へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ