名探偵コナン

□第11話
2ページ/2ページ

 昴は真幸をリビングへ残し、自分は洗面所へ向かう。暫くし、変装を解いた赤井が姿を現した。彼を見た真幸は満足した様に頷いた。

『うん。そっちの方がしっくりくるわね』

「ハハ・・・美幸と同じ事を言うんだな。流石姉妹だ」

『血は繋がってはないけどね』

「でも、言い方がそっくりだ」

『それはどうも。それは私がマネしているからよ』

「そうか。変声術も習得できそうだな。試してみるか?」

『気が向いたら。それより、ママによるとお姉ちゃん、発狂してたそうよ』

「そうか・・・」

『まるで他人事ね。貴女が生きていると知って今度は気を失ってたけど。まぁ、後でちゃんと話してね。大事な恋人なんでしょう?』

「まぁな・・・。もうしばらくは、アメリカに帰りそうにない」

『はいはい・・・。伝えておくわ。じゃぁ、またね』

「あぁ・・・。しかし、君も素顔を晒さないまま生きていくのか?」

『・・・・・。あの人の仕事が終われば、ちゃんと晒すわ。終わらない限り、私達は会ってはいけないから。それがいつまで続くか分からない。1年なのか2年、もっと、5年・・・もしかしたら10年先かもしれないわ。じゃぁ、またね・・・』

 真幸は話を終えると工藤邸を後にした・・・。

「終わらない限り、会えないとは・・・あまりにも残酷だ・・・降谷さん、貴方は残酷な人だ・・・」


 リビングに1人佇む赤井。彼の右手には握りこぶしが作られる。赤井は顔を歪め、今はいない人に呟いた・・・。
次の章へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ