名探偵コナン

□第13話
3ページ/3ページ

その日の夕方、真人は【真幸組フロア】に帰宅。あれから【公安組フロア】には真幸達を入れないようにしていた。家具の配置は一緒だが、壁紙の色が違いがあるため真幸のフラッシュバックは、起きていない。

「ただいま」

「お帰りなさいませ、真人様」

「ん。真幸は?」

玄関で出迎えてくれたスノーへ鞄を渡し、真幸の様子を聞く。

「ノアとお部屋で勉強されてます」

「勉強する気なったかっ!!」

「えぇ。登校される日も近いかも知れません」

「そうか・・・。良かった・・・」

ダイニングからは、そう遠くないウォークインクローゼットへネクタイを外しながら入っていく。

「真幸様は快復されつつありますが、彼の方は如何ですか?謹慎が解けた頃でしょう」

「スノー・・・・。お前の、人を上げて落とすの好きだな」

「決してしてる訳ではなく、気になるんですよ。お嬢様を助けるとはいえ、彼にとっては、嫌な事には変わりはないでしょうから」

「まぁな、ジンだし?俺も声だけでビビったし。実物に会ったら、どうなんだろう?」

「ジンという男。私に良く似ているそうですよ。瞳の色は、違いますが」

「うひゃー、ヤバそー」

着替えを済ませ、ダイニングへと入りスノーの手伝いをする真人。肉に下味を付け、フライパンで焼く。そこへ・・・。

『何がヤバそーなの?』

真人は、真幸の声にドキッとして振り向く。肉は放置した。

「お、真幸。勉強は?」

焦げていく肉たち。スノーがフライパンを見て声を上げる。

「真人様、お肉焦げてます」

「おぉ。それ、ヤバそーじゃなくて失敗じゃね?」

スノーの声に真幸と一緒にいるノアが笑いながらキッチンへ声をかける。

「多少は大丈夫です。ノアの分ですから」

「は?俺が食うの?真人の焦がした肉っ!」

「大丈夫だろ?ノアだし」

「何を根拠に?」

「何ってお前の身体だから」

『いわゆる、何食べても問題ないって事じゃない?良かったね、ノア君。お兄ちゃんの愛がこもってるよ。ちょと、苦くて重いけど』

そう言うと真幸は、リビングのソファーへ座りファッション雑誌を読み出した。

彼女の言動に一瞬、静かになる3人。その言葉に笑い出す真人とスノー。

「あはは!真幸、上手い事言うじゃねぇーか。流石、俺の妹っ!!」

「フ・ククク・・・」

腹を抱えてて笑う2人をノアは顔を赤くさせ睨むしかなかった・・・。
次の章へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ