就職祝いのお礼について
おめでとう ありがとう おめでとう よかったね よろしくね 


もし就職祝いを頂いたら、常識として自分でお礼をするべきです。就職祝いを頂くということは、社会人として認められたと言っても過言ではありません。にも関わらず、お礼も言えなかったり親任せだったりするのは少し恥ずかしいことです。一言感謝の気持ちを、就職祝いを頂いた際には直接出向き述べるのが常識でしょう。お礼の品はその場で持参する必要はありません。むしろ初任給や初ボーナスで菓子折りなどの無難な物を持っていくのが一般的です。お礼の品を持参する時には、出来るだけ身に付けていくことを、もし就職祝いに身に付ける品を頂いた場合にはお勧めします。何よりのお礼になるのが、就職祝いを贈った側からすると、使っている場面を見せてもらえることです。実際に就職祝いで頂いた品を使う場合には、社会人としていまだ未熟な私をこの品が支えてくれていますという気持ちを込めて使うようにすることが重要です。社会人としては、それくらいの配慮は欲しいところです。社会人として恥じない行動を、頂いた厚意に対してしっかりと受け止めつつ、取るようにしていきましょう。社会人として一度スタートしたのなら、1日でも早く社会人として認めてもらえるような考え方と振る舞いを、学生時代の甘い考えを改め直して身に付ける様、努力続けるようにすることが大事なことです。輝かしい社会人としての第一歩として、就職祝いのお礼は記憶に残るものとなるに違いありません。


ブックマーク|教える
訪問者259人目




©フォレストページ