blue

□変わらないもの。
1ページ/1ページ


咲き誇り、そして散る。の続編的な?
読まなくても、一応大丈夫です。






桜が咲いた。
私は今年も桜を見上げる。
頬を撫でる風は、温かくて優しい。

一瞬、何もかも変わっていない様に感じる。

でも、昔とは違う。
桜の木は学園のものではなくて、私の家に生えている桜の木。
私は祓魔師ではなく、ただの一般人。
悪魔は見える、でも祓おうとは思わない。

彼の秘書も辞めてしまった。
もう彼に、仕事をしろとは言わないし、書類が溜まっていますよなんて言わない。
言えないのだ。
その役目は今や私のものでは無いから。

理由?
そんなのは簡単。
時が経ったのだ。
私にとっては長い長い時間が。

今はただゆっくりと流れる時間を感じて過ごしている。

だけど、寂しくはない。
何故なら、私は一人ではないから…。



「何を考えているのですか?」
『…昔のことですよ、メフィストさん。主に貴方の事です』
「そうですか、それは良かった。私と一緒にいるのに他のことを考えては欲しくないですからね」

そう言って、昔と同じように彼は笑った。
それにつられて私も笑う。



一人ではない。
あの日、望んだものが今も横にある。

昔より自分と過ごす時間は減ってしまった。
会えない日だってある。

でも、彼は私のことを今でも気にかけてくれる。
こうして、毎日ではなくとも会いに来てくれる。

あの日と変わらないものがここにある。


今、私は幸せだ。

だけど、人の欲望とは尽きないもので、こんな私にもあと一つ願いがある。


ねぇ、神様。
「なんで私を悪魔に創ってくれなかったの」とか「どうして彼が人間ではないの」とか言わないから。

お願いです。
私の命が切れるまで、後もう少し。

あともう少しの間だけでいいので、彼の傍に居ることを許してください。

そうしたら、きっと最期まで私は笑っていられるから。

隣に座る彼の手を、ゆっくりと握ってみたら。
優しく彼も握り返してくれた。

それが嬉しくて私はまた笑う。
今度は彼がそれにつられて微笑んだ。



変わらないもの。
(私の傍にそれはあった)




思った、私の小説ってあんまりメフィストがしゃべらない…。
110504 soa

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ