四国四兄弟

□中二病学パロ
1ページ/3ページ

 男は瞠目した。
 そんなことは、ありえない。目の前で起こった現象は、自分の常識をはるかに超えていた。

 死ぬかもしれないという不吉な予感を胸に抱きつつ、懐から銃を抜く。
 手入れをしていないのであてにはならないが、少しでも威嚇になれば、この状況を打破できる可能性が出てくる。
 しかし、その一連の動作を見た相手は構うことなく近づいてきた。


「『こんなもの、あてにならない』って思うのでしたら、やめておけばいいでしょうに」
「なっ……」


 心を読まれたのかと思って一瞬油断したが、今は逃げるのが先だ。銃口を相手が掴んだ瞬間に、引き金を引いた。
 これくらいのことで倒れるほどヤワな奴だとは思っていない。数分、いや数秒でも稼げれば充分だった。
 急いで立ちあがってポケットから錠剤を取り出す。いちかばちか、使ってみるのもアリだろう。
 思い切って口に入れようとした時、足元で軽く爆発が起きた。


「!?」


 足元が水浸しになっていることに気づくと同時に、しまったと思った。
 あまりにも遅すぎた。相手の能力を判断することも、自分の戦闘方法を選ぶことも。


「残念でしたね」


 相手は顔色一つ変えることなく、真正面に立っていた。さっきの攻撃は無効化されたと考えて、おそらく間違いない。完敗だ。
 諦めて座りこむと、相手が黙って手を差し出してきた。渡せ、ということか。おとなしく小瓶ごと錠剤を渡すと相手は満足したらしく、去って行った。


「…………ふっ」


 思わず笑いがこみ上げる。正直、ほっとした。あんな危険物をずっと所持するよりは、横取りされた方が気が楽というものだ。
 そのせいでこの街が混乱しようと、そこまで責任をとるつもりはない。


「はははは…ああ、面白いことになりそうだな」


 多分、その地獄に自分は関わらないだろうが。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ