ハイスクールD×D 鯉物語

□第六話
1ページ/3ページ

 フリードが逃げて行った後、部下も大半がやられ、レイナーレは焦っていた。
 レイナーレに同調してきた、ドーナシークやカラワーナ、ミッテルトは相手に捕まる、もしくは殺され、堕天使は戦いで傷を負った自分一人となってしまったのだ。そして、フリードの逃走に部下のはぐれ悪魔払いは壊滅。
 様々な要因がかさなり、レイナーレは焦りを濃くしていったのだ。

「さあ、レイナーレ?後は貴方だけよ。覚悟はいいかしら?。」

リアスはドスの利いた声でレイナーレに話し掛けた。
 当のレイナーレは小刻みに身体を震わせ、怯える表情をしていた。

「ぶ、部長!!」

と、そこへリアスに話しかける者がいる。
 リアスは声の聞こえた方へ向いた。その声の主はイッセーだった。

「何かしら?イッセー。」

リアスは少し怪訝そうにイッセーに聞く。
 イッセーは一つ深呼吸をすると、口を開いた。

「あの、部長・・・。こんな事言うと難ですけど・・・、あの、こいつを見逃してあげませんか?」

イッセーからのとんでもない提案に鯉判以外驚きの表情を見せる。

「・・・イッセー?自分が何を言っているかわかってるの?
彼女は貴方を殺し、弄んで、しかも、私利私欲のためにこの子の神器を奪い命を奪おうとしたのよ?。
 それに今後、彼女がアルジェントさんを狙わないとは限らないのよ?」

リアスは怒りを露わにしてイッセーに言った。

「そんなことは俺もわかっています。でも、彼女はそこまで追いつめられていたんだと思います。
 俺のことはもう何とも思ってません。だから、お願いします。」

とイッセーの真剣がリアスを真っ直ぐ捕らえる。
リアスはため息を吐くとレイナーレに向き言い放つ。

「堕天使レイナーレ。今回はイッセーの顔に免じて見逃してあげる。感謝しなさい。今後はまともな生き方をしなさい。」

リアスがそう言うとレイナーレは屈辱にまみれた表情で去っていった。

「・・・これでいいでしょ?」

リアスは不満な表情でイッセーに問う。

「はい。ありがとうございます。」

イッセーは少し笑みをみせているが表情は暗い。だが、どことなく安堵の色をイッセーは見せていた。

「それじゃあ、帰りましょうか。」

リアスはにこやかに微笑んでいう
と一行は教会を出る。


ーーーすると、



 鯉判は何かを感じ、着物の懐に忍ばせておいた刀を抜き身の状態にし、気配を感じた方向に刀をふる。

すると、辺り一帯に金属音が響く。

「・・・チッ!!」


「あなた・・・何者?」

鯉判と対峙する相手を見て、リアスは相手に問いただした。鯉判の得物と交えている物、それは、巨大な<爪>であった。
 しかも、その<爪>は相手の背中から生えていて、まさに怪物を思わせる風貌であった。
 すると、怪物は「クククッ」と笑うと、野太い声で口を開く。

「ふん、あの堕天使は神器獲得に失敗したか・・・。
 だが、あやつが成功しようが失敗しようが関係ない。
 いずれにせよ、殺し奪うのだから。」

「いきなり・・・何のことだ?。」

イッセーは突然話し出した怪物に聞いた。それもそうだ。いきなり攻撃し、いきなり喋り出した相手を不信に思っても仕方ないことである。
 だが、怪物はイッセーの問いを無視し、背中の中を探る仕草をすると、爪の先に人型の物を取り出した。
 それをイッセー達が見た途端、驚愕の表情に変わる。
 それもその筈・・・その人型の物の正体は・・・

「・・・ア・・・アーシア!?」

イッセーの叫びが古びた教会内に響いた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ