愛とは

□探してる
1ページ/2ページ

とりあえず家に来なよ。
とヒソカに招かれ、ユーリは頷く。着いたのはこの辺では有名な高級マンション。

「ヒソカって本当にお金持ちなんだね」

エレベーターの中でユーリが言った。

「だから言ってるだろ。さ、もう
着くよ◇」

到着を知らせる音が鳴る。眺めは絶景。
しばらく歩き、ヒソカは立ち止まる。最上階の角部屋だ。カードをかざすと、カチッという音がして扉が開く。

「どうぞ☆」
「お邪魔します」

広い玄関。大きな靴箱に全て閉まっているのか、靴は一足も無い。絨毯はふわふわしていて、手入れが大変そうである。家具数は少ないが、どれもセンス良く配置されている。また、一つ一つ高級そうだ。

「……仕事って、何してるの?」

当然の疑問だ。ユーリはついに口にした。そもそもヒソカは仕事をしているのだろうか。

「慈善事業、かな」

狂気を覗かせヒソカは笑った。あぁ嘘だ、すぐに分かった。あえて深くは聞かない。ヒソカは人を殺すことに躊躇いが無いようだった。ならば追求しても、良いことは無い。

「シャワー浴びてくる◇ 待ってて」
「わかった」

ヒソカが浴室に消えたあと、辺りをキョロキョロと見渡した。
彼らしくない、というほど彼のことは知らないが、とにかく彼らしくないと思った。生活感も無いし、ここでヒソカが暮らしているとは思えない。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ