愛とは

□探してる
2ページ/2ページ

一通り見渡し、ユーリはソファーに腰かけた。優しく受け止められた。

ふと思うことがある。
自分って何なんだろう、と。
ユーリは、自分を売って多くのお金を貰っている。愛など一切無しだ。これは一般的には悪いことなのだろう。
しかし、ユーリを求める男性は後をたたない。何故だろう。
分からない。分かりたくない。分かりたい。分かれない。

ただ、答えを探していた。真実を知りたい。嘘と誠が混濁する現在(イマ)、見極めること、探しだすことは非常に難しい。それでも答えを見つけなければいけない、そんな気がしている。

ヒソカなら……、
ヒソカなら、答えを見つけてくれるんじゃないだろうか。
そんな予感を感じながら、ユーリの意識は段々と遠退いていった。
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ