pkmn

□3
1ページ/3ページ




「いいんですか!?」

私が食いつくと、おかみさんはますますめんどくさそうに口を開いた。


「お客さん、いいんですか?ただでさえ狭い部屋を」

「ボクは構いません……おかみさん、ダメですか?」

「…………まあ、あんたがいいと言うなら」

金髪の女の子は、よかったですね、と笑いかけてくれた。

だけど本当に、いいのだろうか?

料金とかどうしたらいいのかな……。

部屋に案内してもらいながら、急にわいてきた不安におののく。


『クリス、名前!名前、聞いたら?』

「あ、あのっ私、魔女のクリスといいます。部屋の件、本当にありがとうございました」

ネイぴょんに言われるがまま慌てて問うと、女の子は綺麗な金髪のポニーテールをゆるやかに揺らしながら返答した。


「ボクはイエローと言います。そんなにかしこまってもらわなくても、大丈夫ですよ?」

「そうですか?ありがとうございます」

見たところ、イエローさんは私より2、3歳下のようだ。

可愛らしい春らしいボーイッシュなコーディネートがよく似合っている。


「魔女なんて、素敵ですね!クリスさんは、どこかに行かれるんですか?」

「はい、魔女の子は12歳になったら、満月の晩に修行の旅に出るのがしきたりなんです」

「あ、クリスさん12歳なんですか。大人っぽく見えますね」

「そうですか?……あの、失礼ですけど、イエローさんはおいくつなんですか?」

ぴょんぴょん跳ねて、絨毯の上を満喫するネイぴょん。

会話の内容、聞いてるのかしら?


「ゔ……見えませんよね、そうですよね……」

悲しそうに目を伏せて言われると、何だかものすごく悪いことを聞いたような罪悪感に襲われる。

まさかだけどイエローさん。


「13歳……です」

(年上!?)

気まずそうなイエローさんに、失礼だけどびっくりしてしまう。

何て言うか、その、イエローさんって幼く見えるから。


「そ、それはともかく!」

イエローさんは話題を切り替えたいようで(そりゃそうか)、声を張る。

ネイぴょんがビクッとした、さては話、聞いてなかったわね?


「お風呂、先にどうぞ。お湯はもうたまってるはず、ですから」

「えっ、いいですよ、そこまでしてもらわなくとも!イエローさんが一番風呂は、入ってください」

「クリスさん、これから修行の旅をなさるんですよね?
 大変なこともたくさんあると思います、ボクはそんなクリスさんの役にたちたいですが……
 どうしようもありません。ですから、お風呂くらいはお譲りしますよ」

「そんなこと……」

宿屋に泊まれるだけで十分ありがたいのに。

いいのだろうか、こんなにしてもらっても。


「クリスさん、お風呂、お先にどうぞ?」

「っ」

『入っちゃいなよ』

イエローさんの耳には、鳥が鳴いたようにしか聞こえないだろう。

ネイぴょんが不意に、私に口をきいた。


『せっかくのご好意、断り続けるのはかえって失礼、なんでしょ?』

それはママの受け売りだ、ママの言葉はいつも調子よくて、確証ないけど……今は、その通りなのかもしれない。

素直に、そう思えた。


「じゃあ、お言葉に甘えさせていただきます」

「はい!ゆっくりしてくださいね!」

そこまでは甘えられるはずもなく、急いでお風呂を出た。

旅は不安だけど、世の中って案外、素晴らしいものなのかもしれない。

この日だけで、そう思えた自分は、相当流されやすいかもしれないわね!
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ