pkmn

□ラムネ
1ページ/4ページ




5月4日、確か午前の10時ころ、ゴールドからポケギアでコールがきた。


「もしもし?おはよう」

『ハッ、俺はもう起きて、ランニングしてきた所だぜ?全然早くねーよ。
 なあクリス、今日って暇か?』

「ええ……カレンダー通りに休日だけど」

『っしゃあ!じゃあさ、トキワのポケセン前に集合な!じゃ!』

「え、何をする気なの!?」

ツーツー、と無情に響く通話終了音。

うわあ、拒否権が無いわ……。


「トキワってことは、カントーよね。もしかして、先輩方に迷惑かける気じゃないでしょうね、ゴールド……」

はあ、想像もつかないけど、私が行かなきゃストッパー不在になるのよね。


「あー、私の久々の連休が……ネイぴょん、おねがい!」

あんな一方的なこと、断ってもいいだろうけど、
ゴールドに言われたら、断りきれないのよね。

絶対言ってやんないけど!

ネイぴょんに変な顔してると思われたかも知れなくて、ちょっと照れくさかった。



 ***



「クリス、おはよう。ごめんなあ、休みの日だってのにわざわざ」

「いえ、先輩、気にしないでください。それより、今日は何かするんですか?」

急いでいくと、まだゴールドはいなくて、何でかレッド先輩がいた。

レッド先輩がいるなんて、聞いてないわよ!?

来たら問い詰めよう、と心に決めて先輩に向き直ると、先輩は冷や汗をかいていた。

…………なぜ?


「いや、その、クリス、聞いてないのにここまで来たのか?俺はてっきり……」

「ゴールドに呼び出されて、待ち合わせをトキワのポケセンに指定されたんです。
 まだ来てないみたいですけど。それで先輩、……何をするおつもりなんでしょうか」

「えーと、今日!そうだ、今日は何の日か知ってるか?」

「今日ですか?みどりの日ですよね」

それがどうかしたのだろうか?

ん、待てよ、みどりの日……?


「グリーン先輩に何かするつもりなんですね?」

「さすがクリス!察しがいいなあ」

「いや先輩、ふざけないでください」

「すみません」

先輩に謝らせてしまった。

後輩として、してもよかったなだろうか、先輩もどうなのだろうとは思うけれど。

そんな異様なタイミングで、満面の笑みを浮かべ、ゴールドがやって来た。


「いやー、遅れてさーせん。道が混んでたんですよー」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ