文章

□燃えるサザンカ
1ページ/1ページ




「暇ったい!」

サファイアの苦痛を隠そうともしない声が部屋に響く。

仕方ないだろ、そんなことを言ったって。

梅雨なんだから、雨なんだから、外に出て遊べないのは仕方ない。

そんなことはサファイアも、分かってはいるだろう。

だけれども彼女は、不服そうな言葉をまたこぼす。


「暇、暇、暇、暇かっ!暇すぎてつまらんち、何かしてほしか!」

「何かって……何を?」

「鬼ごっこ!かくれんぼ!だるまさんが転んだ!」

そんなアクティブな遊び、室内でするには相当広くなくちゃいけない。

僕の部屋はそこまで広いわけじゃない。


「却下だよ。もうちょっと、常識的に考えてよね」

まったく、とあきれながらに言うと、頭にきたのかサファイアは顔をしかめながら言う。


「何ね、ルビーに案でもあると?」

「無いよ。本でも読めばいいじゃない、そうカリカリしないで黙っててよ」

僕は縫い物があるんだ、と言えば、彼女の怒りの沸点は達してしまったようで。

何ね!と、叫びのたまった。


「何ね!まったく、また女々しいことばっか!
 ……ちょっとはあたしに構ってくれたって、バチはあたらんち、思うったい!」

「構ってほしかったの?」

「むぅ……もうよかっ!ルビーなんて嫌いったい!」

力任せに、抱きついていたクッションを僕に投げてくるサファイア。

慌てて横に飛び抜いて避けると、背後の花瓶が地面に落ちた。

ぱりん。

儚く脆く、割れてしまった陶器、散った紅と藍の2輪の花。

もう取り返しはつかないのだと、やけに明瞭に示しているようだった。

「う――――う、ぅ」

サファイアがうめいて。

声を出さずに、もう一度だけ「大っ嫌い」と呟いた。

僕もだよ、なんて返せるはずもなく。

見つめてくるサファイアの青い青い目を見たまま、僕も声には出さずに、「僕は大好きだ」と呟く。

とたんに頬が紅くなって、別のクッションをさっきとは違う感情から投げるサファイア。

今度は壁の絵画に当たって、床に落ちるとガラスが砕けた。


「あたしはあんたのことが、全然分かんないったい……」

「僕も君のこと、全然分からないよ」

微笑むと、サファイアは疲れたようにそっぽ向いてしまった。




 えるサザンカ

 (儚いけれど、忌み嫌うのはどうなんだろう)





















なんだこれ。

テーマは「暇すぎて物を破壊するサファイア」。

我ながら意味が分からない。

ツンデレ?
そもそもルサ?
え、何か違くない?

どこに謝ればいいのだろうか。

ルビーの誕生日文を書く前のルサ練習でした。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ