企画

□設定
1ページ/1ページ



ジブリの超有名映画・魔女宅でパロディ。
基本的にジョウトで、ブルーが食い込んできます。

ゴークリと銀+青な感じを目指します。


見なくても読めるけど一応の設定

・クリス(キキ)
 魔女の女の子。
 12歳に故郷を旅立って港町に降り立った。
 魔法を『空を飛ぶこと』しか覚えられなかったのが汚点。
 「薬草から薬を作る魔法」は残念ながら覚えられなかった。
 困っている人を放っておけない真面目な性格。
 赤色のリボンをしていて、黒色のワンピースを着ている。
 (髪はいつものツインテールですけどね)

・ネイぴょん(ジジ)
 喋る鳥。一人称は僕。
 クリスの頼れるお供的存在。
 短距離+低空飛行しかできない、そんなネイティ。
 (猫じゃないのか、とか何で喋るんだ、とか気にしないでください……)

・ゴールド(コポリ(トンボ))
 する必要性の無いだて眼鏡をかけているせいでチャラさに磨きがかかっている。
 チャラい以外の言葉が見当たらない。
 空を飛ぶクリスに一目惚れして猛アタック。
 夢はクリスと空を飛ぶこと。
 意外なことに純情で頑固者。
 (トンボはそんなチャラくないですけど気にしないでください)

・ブルー(≠おそのさん)
 一番の原形ブローカー。
 パン屋を経営している。
 シルバーが作ったパンを売るのが仕事。
 何かとノリがいいけど軽い感じがする。
 クリスの泊まる部屋を提供してくれたいい人。
 (原作とは違いますが、ブルーとシルバーは姉弟力を会わせてパン屋やってる設定です)

・シルバー(≠おそのさんの夫)
 ブルーの血の繋がらない弟。
 ブルーとパン屋をやっている。
 パン作り担当。
 びっくりするほど寡黙な人。
 つくるパンがめちゃうまい。

・サファイア(ウルスラ)
 森の中の小屋で絵を描くことに没頭する画家の少女。
 年下に見えるけど年上(19歳)。
 カラスの言葉が、というか、森の愉快な動物たちの言葉が分かる。
 要するに心優しき野生児。



基本的にはこんな感じの設定で、のんびりゆっくり進みます。
原作を無視してるようでしてないような微妙な展開なので、少しでも嫌悪感を感じたら
すぐさまエンターキーを連打!

※設定に名前のない人も普通に出ます、ご了承ください



[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ