神と化け物と神童と。

僕は人間である。

例え“神”と崇められても。
“化け物”だと恐れられても。
“神童”なんてレッテルを貼られても。
僕は人間なのだ。この事実は誰にも変える事など出来ない。
…そう、誰にも。

これは愛されすぎた少女の物語である。


ーアホリズムの原作沿いです。
創作話多め(*´∀`*)

ギャグ、シリアス、恋愛で構成。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ