Kuroko No Basuke



こちらは 黒子のバスケ の夢小説です。


まだまだ未熟者ですが、心を込めて
書いています。


口調や喋り方が可笑しい所はぜひ指摘
してくださいまし。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ