響命

□願いの塔
1ページ/2ページ

何でも他人のせいにして

自分は関係無い

素知らぬ顔をして

無干渉を装う



ただただ忌み嫌い

困ったときだけ

都合良く神頼み


闇を引き寄せるのは自分

そんなことにも

気付けない


そんな人間達に

下らない

そう吐き捨てて


絶望の塔の天辺にひとり

ぽつん

閉じ籠もって



そうしたら僕は

『僕』が解らなくなっていた




そんなとき




穢れた僕を

綺麗だと言った人がいた

与えられない僕に

有り難うと言った人がいた



自分ですら見失っていた『僕』を

見つけてくれた人がいた



僕はその人のために

自ら塔を飛び降りた



だから

どうか御願いです



また僕が

『僕』を

亡くしそうになったら




どうかもう一度

『僕』を見つけてください
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ