墜落天使



空間でしかなかった


煙を突き進み
世界を見下ろす自分。




堕ちて初めて気がついた




いつも自分の行く手を遮る煙は
あんなに白く柔らかで

翼で切るように進んだ空間は



あんなに深く
蒼いのだと。






貴方は54829人目の墜落者
更新
始まりの扉
管理人
徒然日記
小説

赤也受けrank
BBS
伝心


ブックマーク|教える
最終更新日 2010/04/18




©フォレストページ